被災者支援


東日本大震災による

被災者を支援する

ネットワーク・伊那

2018-02

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の子どもたち無事帰る - 2011.08.24 Wed

福島の子どもたち無事帰る。ご協力ありがとうございました
DSC00562.jpg
 8月5日から3泊4日で信州伊那の夏休みを楽しんだ子どもたちは元気に福島へ帰りました。
今回伊那を訪れたのは、伊那市の親善友好都市の会津若松市と会津に町ごと避難している大熊町の子どもたち49名で、引率者を加えて総勢68名です。到着した時、バスに揺られて6時間の長旅で、ややお疲れモードだった子どもたちでしたが、ブルーベリー狩りとみはらしの湯入浴で俄然元気いっぱいモードに変身!!二日目の伊那祭り市民踊りへの参加、三日目の天竜大花火大会観覧など本当に楽しそうでした。子どもたちの何かふっ切れたような笑顔を見ると「ひと時被災地を離れ思いきり楽しんでもらいたい」という今回の企図は間違っていなかったと実感しました。
DSC00551.jpg
 尚、今回の企画実現には、伊那市・伊那市教育委員会や伊那バス株式会社・JA上伊那・荒井区をはじめ多くの個人・団体・事業所の皆さんに物心両面にわたる大変力強いご支援を戴きました。改めてこの場をお借りして感謝を申し上げます。
DSC00469.jpg
DSC00469.jpg
DSC00518.jpg

ありがとうございました。

DSC00351.jpg
DSC00356.jpg
福島の子供たち
福島の子供たち
DSC00254.jpg
DSC00267.jpg
DSC00289.jpg
DSC00387.jpg
DSC00414.jpg
DSC00421.jpg
DSC00502.jpg
DSC00513.jpg
DSC00518.jpg
DSC00535.jpg
DSC00575.jpg









京都のMさんありがとう!! - 2011.07.31 Sun

京都のMさんから激励のおたより頂きました。
京都でも同じような取り組みが始まっているそうで、励みになります。
いまだに収束しない福島第一原発のことなど考えると、被災は終わったわけでなく、むしろこれからが本番なのかもしれません。支援の輪を広げていきましょう。

尚、私たちの取り組みに関する情報を必要な方は wakabon500@mopera.net まで

子どもたちの夏休みプロジェクトまであと2週間!! - 2011.07.21 Thu

 福島から子どもたちがやって来る8月5日まであと二週間となりました。
準備も全開!!
お蔭様でホームステイ受け入れホスト家庭も目標の40人を超え、目下会津側と最終調整中です。
資金調達も大詰め、目標までもう一息です。今日はななんと上田からわざわざ届けてくださいました。(Tさんありがとうございました!)物資支援も増えました。名物ソースカツどん・ジュースなど助かります。
今後は子どもたちが思い切り楽しんでもらえるよう当日の準備に全員で専念です。
あとは天気・・・休みたい子どもや雨天対策に体育館も確保してあるのですが・・何かアイデアありませんか。
 8・6~7 文字色当日手伝えるボランティア引き続き募集しています。ヨロシク! 
     TEL090-4094-2870事務局

ホームステイ説明会迫る 7月12日 - 2011.07.10 Sun

連日の猛暑・・・・お見舞い申し上げます

 8月5日に福島県から来る80人の子どもたちを受け入れてくださるホームステイ先
つまりホストファミリーを募集中でが、目標40人であと少しです!!

受け入れ先になってくださる方、
あるいは関心のある方、ご一報ください。

    説明会  7月12日 7:00 pm いなっせビル7階

    お問い合わせ  事務局 080-1176-0387

夏休みプロジェクト計画固まる!  6.27 - 2011.06.28 Tue

 福島の子どもたちに、信州伊那で思い切り遊んでもらいたい・・・夏休みプロジェクトのプログラムがほぼ完成。里山・畑・工房・調理室とバラエティーにとんだロケーションです。
 あと一ヶ月。ホームステイ先の確保・スタッフ集め・資金調達・交渉など準備が本格稼動。皆さんのご理解ご協力をお願いします。
 ところで、被災した大熊町の小学生と、被災地の子どもたちに遊具を贈った地元伊那小学校チャリティー委員会のみんなとの交流も6日に実現することになった。6日といえば、そう!伊那まつり・・・一緒に踊ることになるかも・・・若

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

震災支援ネットワーク・伊那

Author:震災支援ネットワーク・伊那
東日本大震災とともに福島原発事故という未曾有の苦難を負っている被災者への支援のために伊那地域の「市民ネットワーク」を立ち上げました。
心ある人たちが力を合わせて、この地に避難される方々のサポートをしてゆきたいと考えております。
どんなささやかなサポートでも結構です。あなたの御参加をお待ちしております。
大震災被災者支援参加申込み書
にご記入くだされば、こちらからご連絡させていただきます。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。